ブラック施設の特徴とは

介護職として働く施設にはいろいろなものがあります。その中には労働環境が極めて悪い、いわゆるブラック施設と呼ばれるような場所もあります。ブラック施設にはいくつかの共通する特徴があります。まず求人情報を見ていると、いつも同じ名前の施設でヘルパーを募集しているのを見かけることがあります。こういった、常にヘルパーを募集しているような施設はブラック施設の可能性があります。常に求人を募集しているということは、その施設を辞める人が後を絶たず、人員が安定しているからにほかなりません。また待遇面でほかの施設より劣っているため人員を募集してもなかなか人が集まらないのかもしれません。

求人情報では給料を優先的にチェックする人も多いのではないでしょうか。ところが周りの同レベルの施設と比べてあまりにも給料が高すぎる施設も要注意です。給料が高いのにはなんらかの理由が必ずあります。例えば他の一般的な介護施設と比べて労働時間が明らかに長すぎたり、その施設に入庫している人たちが問題行動を起こす人が多かったりなど、給料が高いのにはなんらかのリスクが潜んでいる場合がほとんどです。給料がとびぬけて高い場合は他の条件もよく確認しましょう。

ブラック施設で勤務し続けると仕事量の多さから体力的にもきついですし、心ない暴言を浴びせられたりして精神的にも大き疲労することになります。ブラック施設だと直感で感じた場合は、いち早くよりよい施設を見つけて転職するようにしましょう。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

タグ

カテゴリー

メタ情報